Ex-Pure     
 
 Ex-Pureは、抗体精製用のモノリスシリカカラムです。

 Ex-Pureには3タイプがあり、それぞれにプロテインAプロテインGの2タイプに分かれております。
  
   
スピンカラム
 プロテインA(ProA)

 プロテインG(ProG)
96ウェルプレート減圧式
 プロテインA(ProA)

 プロテインG(ProG)

APPLICATION DATAを開く    (市販抗体医薬品でのカラム性能)

製品仕様 担体 モノリスシリカゲル
結合容量
(ヒト IgG)
スピンカラム 0.4mg/column
96ウェルプレート減圧式
スピンL 12mg/column
最大サンプル量 スピンカラム
0.5mL
96ウェルプレート減圧式 1mL
キット内容 カラム・サンプリングチューブ
各種溶液(吸着・洗浄・溶出・再生・中和)


価格表を開く

   Ex-Pure スピンカラムタイプ(プロテインA・プロテインG)


 プレート状のモノリスシリカ表面にプロテインA・プロテインGを固定化することにより、短時間での
   抗体精製を可能にしました。

 目的IgG抗体の精製濃縮および培養液中のIgG抗体濃度測定2分間で、かつ簡便にできます。

   ※ 改変プロテインGおよびシリカ表面への高密度化学結合技術は、独立行政法人産業技術総合技術
      研究所により発明、開発されました。
      この技術を用いて、抗体精製用モノリスシリカスピンカラム(Ex-Pure)は京都モノテックで開発し、
      生産されて います。

 ご使用の際には、必ず取扱説明書をご一読ください。   取扱説明書を開く

スピンカラムタイプ操作例
 卓上遠心分離機(例:回転数 6,000rpm)を使用して約2分間での抗体精製が可能であり他社製品と
比較しても、短時間で抗体精製ができます。
 
 操作手順は図1のように、試料および溶媒を注入し、すぐに遠心分離(6,000rpm)を行うことができます。

 ステップ2で試料の注入回数を増やす、あるいはステップ4での溶出溶媒の量を20μLまで減らすことで、
試料を濃縮精製できます。
図1


スピンカラムの性能
Ex-Pure ProA(プロテインA) Ex-Pure ProG(プロテインG)


図2


図3
 Ex-Pure ProAをリガンドとしたスピンカラムで
0.4mgまでのヒト IgG90%以上の回収率で精製できます。(図2)
 また、各工程でのタンパク質量を0.3mgまでほぼ定量的に測ることが可能です。
 Ex-Pure ProGをリガンドとしたスピンカラムも、  
Ex-Pure ProAと同様に簡易に抗体を精製・回収
でき、各工程で通液のタンパク質量を定量的に
測ることが可能です。
 さらに、Ex-Pure ProAには結合できない、
IgG3
タイプの抗体も精製・回収できます。


追加DATA
 
  スピンカラムの抗体回収精度(ばらつき)の評価
    ▼ 各スピンカラムを無造作に選び、2.0mg/mLのhuman IgGを0.4mL注入し、洗浄⇒溶出の工程を
       行った。
    ▼ 溶出液中の抗体量をUV法(A280)とBCA法を用いて測った。
         ※Ex-Pure ProGはUV法のみ。


Ex-Pure ProA Ex-Pure ProG
UV法 0.665±0.027mg/column 0.504±0.056mg/column
BCA法 0.641±0.079mg/column


 図4は、実際に培養液からEx-Pureで抗体を精製した時のSDS-PAGE結果です。
   レーン3のフロースルー液、レーン4の洗浄液の段階で雑夾物が取り除かれていることがわかります。

SDS-PAGE電気泳動による培養液からの抗体精製評価
図4


   Ex-Pure 96ウェルプレート減圧式タイプ(プロテインA・プロテインG)    


 0.2気圧の減圧条件下で1mL/min程度の通液が可能です。

 スピンカラムタイプと同等の回収率を得られます。

 ご使用の際には、必ず取扱説明書をご一読ください。   取扱説明書を開く


 ご希望の仕様等による価格等はお問い合わせください。

 改良のため、外観・仕様の一部を変更することがあります。

 ご使用前には、必ず取扱説明書をお読みの上、正しくお使いください。


HOME  製品情報  技術情報  会社情報  お問合せ

©2008 Kyoto Monotech All right reserved.