APPLICATION DATA

 市販品IgG抗体における抗体回収量

  モノクロナール抗体(リツキサン・アバスチン・ハーフセプチン)と、ポリクロナールヒトIgG抗体を
    使用して、濃度別での抗体回収量を測定した。

  各濃度において、抗体試料を注入⇒洗浄⇒溶出した。

  各工程は0.4mL注入。

  溶出液のタンパク質濃度をBCA法で求めて、抗体回収量を算出した。

Ex-Pure vs.リツキサン 〜スピンタイプProAを使用
Ex-Pure vs.アバスチン 〜スピンタイプProAを使用
Ex-Pure vs.ハーセプチン 〜スピンタイプProAを使用
混合溶液でのヒトポリクロナールIgG抗体の回収 〜スピンタイプProAを使用

 CHO培養液中にヒトポリクローナルIgG抗体を混合した試料を用いて、スピンタイプProAの
  定量分析の結果を示しています。

  0.4mg程度まではほぼ定量的に測定することができます。