MonoTip    

 MonoTipは、均一的な連続孔を持つモノリスフィルターをピペットチップに埋め込んだ新しいタイプの
  前処理用チップです。

 脱塩後もタンパク質を回収します。

 効果的に試料を濃縮し、高い精製率です。
  
 簡単な操作で、大きな負荷圧と良好な再現性です。

 規格外(細孔径・直径・厚さ・Tip形状)の製品試作もできますので弊社までお問い合わせください。

   MonoTip C18


 ペプチドの脱塩、濃縮に最適なオクタデシル基結合タイプ

 大量サンプルに対応

 チップ容量200μL

 試料濃度pmoL〜inmoL

 分子量40,000までのペプチド・タンパク質試料に適応


   MonoTip Trypsin


 均一的な連続孔を持つモノリスシリカにタンパク質消化酵素
   トリプシンを固定化した前処理用チップです。


 ピペッティング操作により、トリプシン消化が20分で終了します。

 酵素活性が高く、長く続きます。

 自己消化物が発生しません。


   MonoTip TiO

 多孔質シリカ連続体であるモノリスシリカに、リン酸化ペプチドを選択的に
  捕集する二酸化チタンをコートしました。

 ピペッティングのみでリン酸化ペプチドの精製が行えます。

 ン酸化ペプチドのみを捕集するので、検出感度の向上、解析に要する
  時間の削減が期待できます。


 速い処理時間と大きな負荷圧です。


 改良のため、外観・仕様の一部を変更することがあります。

 
ご使用前には、必ず取扱説明書をお読みの上、正しくお使いください。


HOME  製品情報  技術情報  会社情報  お問合せ

©2008 Kyoto Monotech All right reserved.